CONCEPT

 

宮澤淑恵の【La Fata】の世界

琥珀やべっ甲の表面にダイヤモンドポイントや超硬ポイントなどで

微細で綿密な絵柄をひとつひとつ手彫りし、

さらに彫り込められた絵柄に、

漆を入れ 純金粉 プラチナ粉を沈着させる沈金技法で

作品を表現してゆきます。

※沈金技法は 蒔絵技法と並び日本が世界に誇る漆芸技法の

ひとつです

先端の鋭い針で手彫りするので蒔絵にない繊細で

精密な表現が可能であり

 「エレガントで自己表現できる大人の女性」

にふさわしい華やかで落ち着きのある優美な作品になっております。

 

 

con2